【ビースマイルホワイトニング】LEDで白い歯を作る秘密を徹底検証!

ビースマイルled

 

LEDライトを当てて、より効果的にホワイトニングしていく“ビースマイルホワイトニング”。オフィスホワイトニングは時間もお金も掛かってしまうため、自宅ホワイトニングでしっかり効果が得られると“ビースマイルホワイトニング”が注目されているのです。

 

マウスピースを着けて、ライティング、そして軽く歯磨き。この簡単な3ステップだけで、自宅で簡単にホワイトニングができるのです。専用マウスピースにジェルを塗って、10分間入れておくだけでOK。マウスピースを口に入れたら、マウスピースについているLEDライト本体のスイッチをオンします。

 

マウスピースのところにはLEDのブルーのライトが付き、10分たったら終わりを知らせる音がなってライトは消えます。だから時間を気にせずに、何かしながらでもマウスピースを入れておくだけでOKです。歯の汚れが気になる場合は、1週間に3回を目安にホワイトニングを行いましょう。また今の状態をキープしたいなら1週間に1回が目安となります。

 

ビースマイルホワイトニングLEDの成分と効用

配合の「酸化チタン」は、特定のライトによって活性酸素種をつくるという性質があります。活性酸素種は老廃物やステインなどの着色物を除去しながら同時にコーティングしていくのです。食品などにも使用されており、特に問題のない成分です。

 

つまり「酸化チタン」とLEDライトが1つになって、歯の取れない汚れや黄ばみにアプローチします。他にも「メタリン酸ナトリウム」も配合。エナメル質とステインの間に入り込むことで、黄ばみや汚れが浮き上がり、それとともに歯をコーティングしていきます。

 

また歯石を除去すると言われており、定期的に使用することで歯石が溜まらないようになるのです。他にも歯や骨を構成する成分の一種である「ハイドロキシアパタイト」も配合。

 

ステインを落とした歯の表面は、見えないような傷ができています。そのため「ハイドロキシアパタイト」は、しっかり歯にコーティングをするのです。このように汚れを取り、コーティングしていくという成分を何重にも配合することで、徹底したホワイトニング効果が期待できるのです。ちなみに光触媒専用のためのキットであり、人体には無害の波長域のLEDを使用しています。

 

【全成分】
水、グリセリン、エタノール、キサンタンガム、クエン酸、ステビア葉/茎エキス、メントール、メタリン酸Na、酸化チタン、ヒドロキシアパタイト、セルロースガム、PEG-60水添ヒマシ油、香料、安息香酸Na、赤102、青1

「ビースマイルLED」の価格とお得なコース

ホワイトニングLED

 

スタートコースは、ホワイトニングLED、ホワイトニングジェル、マウスピース(付属ケース)もセットで通常価格6,000円(税抜)となります。
定期コースなら初回は4,800円(税抜)、2回目から2,700円(税抜)です。