自宅ホワイトニング商品のタイプについて

白い歯

 

クリニックやサロンでのホワイトニングは価格も高いので、自宅でホワイトニング商品を使用して、しっかりホワイトニングをしていこうと考えている人も多いのではないでしょうか。例えばいつも使っている一般の歯磨き粉を、ホワイトニング効果の高いものに替える程度なら気軽にできます。

 

しかしホワイトニングに特化した歯磨き粉の中には、黄ばみや汚れを自然に浮き上がらせる成分ではなく、しっかり歯の表面を擦って汚れを落とすタイプものも多く出回っています。研磨力の高いホワイトニング歯磨き粉は、確かに歯の表面の汚れをこそげ取るので、磨いたときは白くなったような気がします。

 

汚れを取ると同時に表面のエナメル質まで擦ってしまい凸凹にしてしまうため、余計黄ばみや汚れ成分がとても頑固な汚れになって残ってしまうため、本来のホワイトニングはできません。そして毎日使っていくうちに歯がしみる、また歯肉炎などの原因にもなります。

 

そこで研磨剤として使われる成を分チェックすることも大切です。まず研磨として使用される成分には硬度があります。下記に硬度が高い順番にご紹介します。

    歯痛

    1番硬い「リン酸カルシウム」

    2番目に硬い「水酸化カルシウム」
    3番目に硬い「フッ化カルシウム」
    4番目に硬い「炭酸カルシウム」
    5番目に硬い「水酸化アルミニウム」があります。

 

研磨剤の硬度が高いということは歯の表面が凸凹になりやすい。そして成分表示は含有量が多いものから先に書かれているという決まりがあります。研磨剤に注意する場合は、商品の成分表をよく見て、これらの成分が上位に表示されていない赤かを確かめましょう。

 

ピカピカの歯

歯の表面を傷つけずに汚れを浮き上がらせる「ポリリン酸ナトリウム」、歯周病予防の「グリチル酸ジカリウムでシュ」、歯を白くする「メタリン酸ナトリウム」、汚れをしっかり取る「ポリリン酸」や「ピロリン酸」など配合のものを選ぶようにしましょう。

 

また歯の黄ばみや汚れを傷つけずに取る成分の他に、歯の表面を滑らかにして汚れが付きにくくする「ハイドロキシアバタイト」や、歯の石灰化を促進させ丈夫な歯をつくるためのサポートをする「フッ素」などの配合もおすすめです。価格についても、一般の歯磨き粉よりは高めと言えるでしょう。

 

しかしあまり高いものは、毎日続けなければならないため、続きにくくなります。やはりどんなに良い製品でも続けることで効果が実感できるものなので、続けにくい価格のものは避けるようにしましょう。

自宅でのホワイトニングの適切なやり方

ホームホワイトニングの通販商品を徹底検証!本当に効果のあるはコレ!

 

歯の白さは、爽やかさ、美しさ、若さを感じさせてくれるとも言われています。そこで自宅でもどのような自宅ホワイトニングがあり、どのようなことを心掛けるようにしたらいいのでしょう。まず歯科や美容歯科、エステサロンなどでホワイトニングの施術を行ったり、自宅ホワイトニングのためのマウスピースや薬剤を購入するという方法もあります。

 

しかしやはりクリニックやエステでは、どうしても費用的にも積極的になれないという人も多いはず。そんなときには、美白効果に特化した歯磨き粉やジェルなどを使用するという方法もあります。市販の歯磨き粉でもピロリン酸ナトリウムなど、汚れを浮かせて取るというプロの使用する薬剤が配合されたものも出回っているので、自宅ホワイトニングに適したものを選ぶといいでしょう。

 

細かい歯の凸凹の溝の汚れもしっかり取り、歯ブラシだけより洗浄力の高い電動歯ブラシを使用するのもおすすめです。電動歯ブラシの中でもいろいろなランクがあり、質の良いものを選ぶのがポイントです。

 

また毎日の食生活としてリンゴやセロリ、生の人参、大根など、硬い野菜などをしっかり食べることも心掛けましょう。逆にカレー、チョコレート、コーヒー、紅茶、お茶、タバコ、赤ワインなど汚れの原因になるものは避けるようにします。このように毎日の食べ物も心掛けることで、歯の汚れを予防することができるのです。

 

またアメリカでは薬局でも売られている、ホワイトニングテープ。日本ではネットでしか購入できませんが、ホワイトニングテープは歯にテープを30分ほど貼るだけで歯が白くなるというものです。

 

アメリカでもホワイトニング歯磨きでも、美容歯科や歯科医が使用する薬剤を使用しているので、驚くほど白くなるものもあるとのこと。これらはネットなどによる個人輸入での購入となります。

 

根本的に白い歯を作るということではありませんが、歯のマニキュワを使用する方法もあります。どうしても今すぐ歯が白くしたいというときには、歯の表面に白い専門塗料を塗ることで、歯を白く見せることができます。
歯科医でも行っていますが、自宅でも行うことができます。

 

歯をコーティングするので、食べたものによる黄ばみなどを付きにくくする効果もあるのです。ホワイトニングでなかなか白くならないとあきらめている人でも、一時的に歯を白くすることができるのです。

ホームホワイトニングのメリットとデメリット

ホワイトニングのメリット・デメリット

 

自宅で行うホワイトニングをホームホワイトニングとも言います。歯科医によるホワイトニングはクリニックでホワイトニング施術を行うオフィスホワイトニング。

 

そして自分にピッタリのマウスピースを作ってもらい、処方で出される薬剤を塗って毎日装着するというホームホワイトニングという方法もあります。またこの2つをダブルで進行していくデュアルホワイトニングの3種類があります。

 

さらにエステサロンでもサロンで行う施術と、既成のマウスピースを使用して薬剤を塗布し、それを毎日装着するホームホワイトニングを行っています。

 

誰でも簡単にすぐに始めやすいホームホワイトニングとしては、ホワイトニング効果の高い歯磨き粉やジェルなどを使用した、ホームホワイトニングも人気があります。やはりどんなに良い施術をしても、毎日歯は汚れるものなので、毎日行うホームホワイトニングはとても重要だと言われているのです。

 

ホームホワイトニングの特徴は歯の内部から漂白していくため、急激に白くなるのではなく、徐々に時間をかけて白くしていきます。ホームホワイトニングは後々、すぐには黄ばみにくく、簡単なケアですぐに白くなる歯を作ることができるのです。

 

ホームホワイトニングで使用できる薬剤や歯磨き粉成分は、濃度がある程度限定されているため、効果はオフィスホワイトニングより緩やかですが、痛みなどもほとんどなく知覚過敏にもなりにくいと言われているのです。

 

クリニックやエステではホワイトニング専門の資格を持った歯科医師や衛生士が使うことのできる、高濃度薬液を使用できますが痛みもあります。

 

ホームホワイトニングは厚いエナメル層の中の象牙層まで漂白するのに時間がかかります。急いで結婚式などに間に合わせたいなどの場合は、オフィスホワイトニングがおすすめです。

 

しかし逆の特にそういう目的がなければ、便利で価格的にもずっと安くできるホームホワイトニングはおすすめです。クリニックやエステによるホームホワイトニングは、どうしてもマウスピースを大体2時間は着けていることが必要となります。
そのためマウスピースが苦手な人は、ホワイトニングに特化した歯磨きなどを上手に利用するといいでしょう。

 

ただホームホワイトニングでもマウスピース型の物が良いという方には【ビースマイル】からLEDのマウスピース型のものが発売されています。結構人気のようです。

 

またホームホワイトニングを行った後は、着色しやすい状態になっているので、カレー、チョコレート、コーヒー、紅茶、お茶、タバコ、赤ワインなどはできるだけ避けるなどの注意も必要となります。

 

一般的なイメージではホームホワイトニングの歯が白くなるまでの期間は、結構掛かるのでは?と思われています。程度の問題もあるとは思うのですが、各メーカーによると早くて1ヶ月で効果が感じられると言っているメーカーも結構あるので比較的早く効果があらわれるようです。

 

 

まとめ

専門家によるホワイトニングのメリットとデメリット

  • 急いで結婚式などに間に合わせたいなどの場合はいい。
  • 費用が高い
  • 高濃度薬液を使用できますが痛みもある
  • 特定の日・場所に通わないといけない

ホームホワイトニングのメリットとデメリット

  • 徐々に時間をかけて白くしていきます。
  • 簡単なケアで出来る
  • 費用が安い
  • 自宅で出来る